お魚のにっき

中途半端にいろいろやってみてます

私の真珠

実家でだらだらとしていたら祖母に呼ばれて顔を出したら、いかにも冠婚葬祭用の真珠のネックレスとイヤリングのセットを渡されました。
娘である叔母をすっ飛ばして私で良いのか?と念の為に確認したら、叔母は叔母でもう持っているだろうし叔母の所には男の孫しかいないからというので、遠慮なくいただきました。

そうして、気づけば私は自分の真珠を手に入れる機会を無くしてしまいました。


姉妹のいない私なので、「まぁ、コレはいずれあげるよ」と言われているものが多々あります。
母からも真珠のネックレスとイヤリングを「若い時に買ったものだし、いずれあげる」と言われています。優しいピンクの色をした真珠のもので慶事用なのですが、友達もそう居らず、親戚の結婚式にも顔を出さず出番がないのでなんだかんだと母の手元にあります。手元に置きたいといえばすぐに貰えそうですが。
今回祖母から頂いたのはグレーの葬儀向けなので、冠婚葬祭向けのものが揃ったことになります。これで身だしなみとしての真珠は揃ったようですし、後手に入れるとなると、自分の装いのためのものちなりますが、私はというとそういう貴金属のたぐいに興味が無いので、やはり手に入れる機会を無くしてしまったようです。自分のもの、というのは魅力的なので、手に入れたいとも一瞬思いましたが、それだと譲ってもらったものをないがしろにしたようで申し訳ないような気もしますし。


今実家にある長く残るようなモノはいずれ私や兄弟のところに行くのでしょうが、そういう流れが見えてくるとうっすら家族の最期が見えてきて寂しかったり、モノの行く先が有るのかしら?とか不安になったり。お盆て色々考えますね。