お魚のにっき

中途半端にいろいろやってみてます

お化粧のこと

マニキュアについてぐだぐだ考えていたら、お化粧をするようになったのって、
「顔色悪いけど大丈夫?」
と言われてからだなぁ、ということを思い出しました。


言われたのは確かまだ18歳で、田舎の進学校*1なんてところにいたせいか全然メイクだのに興味がなかった私でしたが、その後バイトをしている時に言われた一言でした。とても健康体だったのに、そんなことを言われて物凄くショックだったので、それからは必死にやり方覚えたんでしたよ。何はともあれ、血色良く見せるチークだけは欠かせません。ちなみに、顔色を少しでもよく見せるために覚えた化粧のせいか、顔の作りを違うように見せるなんてことは未だに出来ません。魔法のような化粧なんてどうやってやるんでしょうか?

そういえば、最近口紅を使う回数が増えてきているのですが、自分でも顔色が悪いと思っているからなんでしょうか。大分改善したと思っていたのはずなのに。

*1:もちろん人によるけど、いわゆる喪女を出しやすい環境だと思う