お魚のにっき

中途半端にいろいろやってみてます

もう一つ爪の話

ちょくちょくマニキュアを塗ります。

お世辞にも良い形とは言えない不格好な爪ですが、血色がよく見えるようなピンク色のものを塗ります。不器用なので凝った爪にする事はできませんが、指先がキレイに見えるというだけでなんだか嬉しくなります。ただの自己満足ですが、一色だけをを簡単に塗るので、高い指輪なんかよりも動かしやすいし安いし良いじゃない、とか自分に言い聞かせています。安いものを手間などかけずに塗っているので、すぐ欠けたりしてきますが、そうなるとすぐに除光液でネイルを剥がしてしまいます。その後はすぐに塗ったり塗らなかったり。除光液を使った後ってなんだか爪がくたびれているような気がするのですよね。かと言って、わざわざ高くて良いものを買うのも面倒だから、と爪を休ませたりしてるのですが、何も塗らない爪というのもそっけなくてなんだか寂しい。


何かと便利だからと爪を伸ばし始めた時に、しょっちゅう割ったり欠かしたりしてたので、爪の補強のために塗っていたのに、いつの間にか楽しくなっていて、なんだか不思議だなぁと思い返したので。